日帰りでいぼの切除手術が受けられる【費用の相場とは】

前向きを取り戻す為にイボ切除

コンプレックスとサヨナラ

看護師

簡単気軽に憧れの自分へ

年齡をかさねることで深くなるシワや、白髪が増えるのとは異なり、ホクロやいぼは生まれたときからあるという場合や、急にできてしまったというケースも珍しくありません。さらに、シワや白髪はメイクや毛染めなどである程度ごまかしたり目立たないようにできますが、顔にできたホクロや大きなイボは化粧をすると悪目立ちしてしまったり、首筋やデコルテラインなどでは隠しにくいといえるでしょう。そのため、ほくろやいぼをコンプレックスだと感じている人は多く、あらゆるコンプレックスに言えることですが、そのせいで自信をなくしてしまったり、人前に出ることに対して苦手意識を抱いていたりする人も多くいます。しかし、美容整形であればコンプレックスのもとであるいぼ、ほくろを簡単に取り除くことが出来るのです。除去の方法は大きく2つに分類され、薬によって治療をすすめるものと、メスやレーザーなどの機械を使って肌から直接除去する方法があります。ビタミンやミネラルを摂取することで、肌のターンオーバーが促され、シミなどと一緒にほくろが薄くなる方法は、費用が安価な一方で効果が弱く、大きなほくろには効かないこともあるでしょう。そのため、レーザーなどを使った美容整形術でのイボ除去は非常に人気が高く、大きさや量の制限が少ないため、様々な処置が施せるというのも魅力のひとつです。たいていの施術では入院の必要がなく、日帰りで30分〜1時間ほどと短時間での時間で施術が完了するでしょう。切除方法にもよりますが、翌日からメイクや洗顔が可能なタイプであれば、週末に施術を受けて、すぐに学校や仕事に復帰できるということもあり、人に知られずにこっそり施術したいという場合でもOK。一般的には一箇所の切除に対して、薬での治療なら5000円〜15,000円ほど、メスやレーザーなどの美容外科的治療なら50,000円〜100,000円ほどの費用が目安と言えます。しかし、美容クリニックの中では、施術過程の撮影や、術後のインタビューを受けることを条件に、金額の割引サービスを行っている場合もあります。施術した箇所の写真撮影や施術中の動画撮影などを許可した場合は、割引の幅が大きくなることもあり、クリニックのホームページやSNSなどをチェックし、キャンペーンが利用できる時に切除する方がお得になるでしょう。ちなみに、いぼやホクロの中には腫瘍化しているものや、悪性のものもあります。急にほくろが大きくなったという場合や、イボを触ると痛みを感じるという場合には切除よりも病理検査を受けるよう進められる可能性もあるでしょう。美容外科やクリニックでは病理検査を行っていない場合もあるため、もしも「異変を感じたのでいぼを切除したい」という場合には、電話やメールなどで相談してみるのも良いかもしれません。きれいになるのはもちろんですが、健康でいることも同じように重要なことと言えます。切除をするのは安全が確認されてから、異変がなければ医師と相談してきれいに取り除いてしまうことをオススメします、コンプレックスや悩みだと考えている人にこそ、切除はオススメです。

医者

綺麗に完治させるには

いぼは、出来てしまった場所や形によっては大きなコンプレックスになってしまう可能性のあるものです。気になる場合には、切除手術を行いましょう。炭酸ガスレーザーや、液体窒素、電気メスを使った方法など様々な手術方法があります。

鏡を見る人

施術で簡単に改善

顔や首元などいぼが出来てしまうと目立ってしまい切除したいと考えている人も多くいます。そんな時は美容整形を受けることできれいに切除することが出来るでしょう。施術の種類も色々あるので、まずはクリニックで相談することをおすすめします。

カウンセリング

気になるできもの

いぼの種類にはウイルス性のものと加齢によるものがあり、それに合わせて切除方法なども複数存在します。それぞれにメリットやデメリットが存在するため、クリニックのカウンセリングなども併用し、自身に合ったクリニックを見つけることをお勧めします。